AKBの大島優子はなぜ卒業しないのか

国民的アイドルグループであるAKB48。私はほとんどテレビを観ないので、詳しいところは良くわからないのですが、ネット上や雑誌などから得られる断片的な情報からでもAKBが絶大な人気を誇っていることはわかります。

そして最近は、古株で人気のあったメンバーが続々と卒業という名で脱退していっていることも知っています。

 

ちなみにAKBの曲で何も考えずに口ずさめるのは「ヘビーローテーション」くらいです。

そんなAKB48のことをほとんど知らない私でも流行ものを追いかけたい気持ちもあるのでちょっとAKBにうちて書いてみます。完全な空想というか妄想です。
軽い気持ちで読んで下さい。

色々調べてみると今年(2013年)が5回目だった選抜総選挙。大島さんは過去にすべて参加し、第2回と第4回で優勝しています。
古株でなおかつ中心メンバーということですよね。

同レベルで活躍していた前田敦子さんは昨年卒業しました。

そして今年は篠田さんや板野さんといった、こんな私でも名前を聞いたことのある有名どころも卒業しています。

素人目に見ても一番卒業に近そうですし、多分大島さんなら1人になっても仕事が途切れることはないでしょう。
というかAKBの雑事から解放されて今以上の活躍をする可能性もあります。

ではなぜ大島優子は未だ卒業しないのでしょうか?

  1. 大人の事情
  2. AKBでやり残したことがある
  3. AKBに在籍していた方が有利

こんな感じの理由が考えられます。

まず一番目の大人の事情ですが、これは素人には良くわからないことですし大島さんの気持ちに関係ないことなので除外します。

大島さんが卒業しない理由は2なのか3なのかどちらでしょう。

 AKBでやりのこしたことがある

私にとってAKBというのは歌と踊りのアイドルグループという認識です。

女優志向の強いと言われている大島優子さんですが、歌と踊りについてまだ極めたいことがあるというような理由が考えられます。

またかわいがっている後輩の面倒を見るという理由もありえますが、よく考えたら大島さんはまだ20代前半です。
そんなご隠居さんのような考え方はしないですよね。

AKBに在籍していた方が有利

これはどうなんでしょう?
確かに国民的なアイドルグループですが、その中心メンバーでもある大島さんならAKBと同じくらい知名度があるのでしょうか?

それともまだまだそこまでではないのでしょうか?

一足先に卒業した前田敦子さんが今どんな感じで活躍されているのかを参考にしています。

芸能界という競争の激しい業界でそれなりには活躍されていますが、AKBに在籍していた頃ほどのメディアへの露出は無いような気がします。

そういうことを見て色々と考えた結果、とことんまでAKBをしゃぶり尽くす方がメリットがあるのではないかと判断したのかもしれません。

では大島さんほどの知名度のない他のメンバーが卒業したことについては、多分プロとしての本気度の違いだと思います。

他のメンバーはそこそこの知名度と成功が欲しいだけなので、この辺でいいだろうと。AKBの規則や雑事が面倒になったのでしょう。

大島さんはどうやら本気で女優として生き残るつもりのようです。
であるならば、今のうちにAKBの知名度を利用して最大限利用して実績を作っていこうという腹づもりではないでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>