資金調達としての銀行融資

融資は上手く活用すれば、大きな資金調達の手段です!

新しく事業を行うために、また創業後の会社を発展させるために避けては通れないのが資金調達!!
いつかはやらなきゃいけない避けては通れないのはわかっているけど、その仕組みがいまいちよくわからない・・・

これではいつまでたっても会社の内情は火の車。

お金を調達してくることもたいせつな仕事のひとつです!

wemanそこで、今回は資金調達の種類から、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫など金融機関の特徴、銀行との付き合い方、そして融資がおりやすい事業計画作成の極意まで、元銀行員の体験も交えてお伝えします。

目次

  • どうやって必要資金を調達するか? 〜資金調達の方法
  • 色々な金融機関の役割や特徴を解説 〜金融機関の種類
  • 敷居が高いように見えて実は低いのです 〜日本政策金融公庫
  • お金にも種類があります 〜借入の種類
  • 起業家必見! 〜これから創業する人の借入方法

どうやって必要資金を調達するか? 〜資金調達の方法

資金調達の方法としては大きく分けて2つ、自己資金と他人からの調達があります。とは言うもののその境界線は結構曖昧だったりします。
説明しましょう。
まず自分で汗水たらして働いて稼いだお金 ー これこそ正真正銘自己資金です
家族や親族から借りたお金 ー 厳密に言えば他人からの調達ですが、場合によっては自己資金のようなものです
知人友人から借りたお金 ー あいまいですね!相手との関係によってどちらとも言えませんが、どちらかというと他人資本でしょう
人から出資を受けたお金 ー 人からのお金ですが基本的に出資金は返さなくても良いですし、会計上も自己資本となります
金融機関からの融資 ー 完全な他人資金で、返さないとえらいことになります
いかがでしょうか?一番上と一番した以外は結構曖昧なんです。
言い換えれば、2〜4で資金を調達する場合は、契約書等をしっかりと作成しましょう。

色々な金融機関の役割や特徴を解説 〜金融機関の種類

金融機関というと普通は銀行を思い浮かべますが、銀行にも色々種類がありますし、それ以外の金融機関もあります。

市中銀行 ー ◯◯銀行や△△信用金庫など一番一般的な金融機関です
ゆうちょ銀行 ー 法改正により市中銀行と同じような扱いになりましたが、細かいところでは色々と違いがあります。
日本政策金融公庫 ー いわゆる政府系の金融機関。銀行との最大の相違は税金で成り立っているということ
信用保証協会 ー 直接お金のやり取りをするわけではありませんが、縁の下の力持ち

敷居が高いように見えて実は低いのです 〜日本政策金融公庫

私的に一番おすすめは日本政策金融公庫です。もちろん時と場合によって他の金融機関の方が使いやすいこともありますが、全般的に言って融資を受けるならまずは日本政策金融公庫の門を叩いてみるべきです。

下の方で述べますが、特に創業時の融資ならば鉄板です。

お金にも種類があります 〜借入の種類

ここでは借りても良い、もしくは借りた方が良い借入れと、借りてはいけない借入れの説明をします。
借りた方が良い借入れ、これは例えば業況拡大のための期ズレの運転資金など、まさに融資のてこの原理を活用出来るものです。
そして借りた方が良い借入れとは、金融機関と末永くおつき合いしていくためのお付き合い融資です。厳格な経営者さんは必要のない資金なんて借りる必要ない!と断ってしまうことが多いですが、やはりお互い人の子である以上ビジネスの現場でも情は必要であると思います。
借りてはいけない借入れ、これはまさに赤字補填資金です。そんなものを借りて本当にしのいで改善すれば良いですが大方の場合、自転車操業の期間が少しだけ長くなるだけです。

起業家必見! 〜これから創業する人の借入方法

先ほど、創業時の借入れは日本政策金融公庫でと述べましたが、その理由として新規創業者向けの融資制度が整っていることがあります。
それと、銀行は過去の数字に融資をしますが、公庫は将来の夢に融資します。

どういうことかというと、銀行が重視するのは一にも二にも返済してくれるかどうか=安全性です。なぜなら顧客から預かった大切な預金を運用するのですから。
それに比べて公庫は、事業のビジョンや計画、経営者の情熱に融資します。
なぜなら日本政府100%出資の金融機関として、政府の意向を汲んだ方針だからです。

今、日本政府は起業がこの国に増えることを望んでいます。その意向をくんだ公庫がどういう方針であるかというと
もうおわかりでしょう!