行政書士の業務は幅広いです

行政書士の業務ってどんなものがあるのか、わかりますか?

例えば、税理士や社会保険労務士なんかですと名前がそのものズバリなので、何をやっているのか分かりやすいと思います。

行政書士の定義とは、

行政書士とは、他の法律において制限されているものを除き、他人の依頼をうけ、報酬を得て、官公署に提出する書類その他の権利義務の発生・存続・変更・消滅等の意思表示を内容とする文書又は法律上若しくは社会生活上重要な利害関係のある事実証明に関する文書の作成並びにこれらの書類を官公署に提出する手続を代わって行い、書類の作成について相談に応ずることを業としています。

ますます意味が分からないですね(^_^)

簡単に言うと、1.役所に提出する面倒な書類を代理で作成し提出までも代行することと、2.相続や離婚、会社の議事録や契約書などみなさんの権利や義務に関する書類を作成することです。
もちろん、それには作成前段階の相談や調査も含まれます。

行政機関と国民の皆さんとの架け橋になるので、行政書士というわけです。

それに、他の士業さんは”例えば税理士が税務申告をする”というように、何をするのかが具体的になっているのに比べて、行政書士は上記の条文を見ていただいても分かるように、他の法律で制限されているものを除き「ざっくり何でも出来ますよ!」という明確な違いがあります。

ですので普通の市民の方が、(何となく法律的に問題になりそうなんだけど、誰に相談したら良いのか分からない)という場合、まずは法律のよろず屋である行政書士に相談してみて下さい。

先週にやっとこさ、登録証とバッジを受け取って、なんとなく行政書士っぽくなってきたので、今日は真面目に語ってみました。

今必死で作っているHPもそろそろ完成予定です。

おおすみ行政書士事務所

 

 
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>