もめる前の魔法の杖・・・それが遺言書

相続は争族とも言われ、家族や親族が惨い争いに巻き込まれる可能性があります。
そして相続財産の額に関係なく、争いが起こる時には起こってしまいます。

そのためにも、被相続人になる方(今一番資産を持っていて高齢である方)がきちんと予防策を採っておくことは、残される者にとって非常に重要なことになります。

その予防策というのが「遺言作成」です!

遺言は、遺言者の最終意思を死後に実現することができると同時に、予想される争いを未然に防止する機能を果たしてくれます。

遺言書とは?

遺言—-普通はユイゴンと読みます。しかし法律家の中にはイゴンとかイゲンなどと読む方がいます。これはユイゴンと読むと法律的な意味以外の故人の言い残し全体のやや不正確な意味として捉えられることが多いからでしょう。

遺言者の意思を反映するとともに、相続人の異論を封じ遺言としての効力を生じせしめるための書類です。有効に活用するためにも、法に定める方式で遺言書を作成しましょう。

遺言書作成のメリット

  • 相続問題に対するトラブルを未然に防ぐ。
  • 自分の思うように、自分の財産を処分できる。
  • 指定した相続人に不動産を相続しやすくさせる事ができる。

遺言が必要な人

  • 子供がおらず、全財産を妻(夫)に残したい。
  • 面倒をよくみてくれる娘に財産を多くあげたい。
  • 遺産をめぐって子供たちが争わずに、いつまでも仲良く暮らしてほしい。
  • 家族に一番よい形で財産を分配したい。
  • 独り身だが、よく面倒をみてくれる親戚に財産をのこしたい。

このように遺言書は、法律の範囲内で遺言者の思い描く様な遺産分割が可能となります。

自筆証書遺言と公正証書遺言、どっちがいいの?

遺言には大きく分けて「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」があります。
詳しくはホームページを参照して下さい。

それぞれの一長一短はありますが、安全性、確実性の面から公正証書遺言をお勧めしております。自筆証書に比べ費用と時間はかかりますが、大切な財産を遺言者の希望通りに分配するには安全、確実な公正証書遺言が一番でしょう。

詳しく相談したい方は、ぜひとも一度ご連絡下さい。

 

 

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>